ALCSanz 学修行動比較調査アナライザー


ALCS学修行動比較調査を実施した大学向けに、結果分析、表出等に役立つアナライザー(ALCSanz)を提供しています。ここはそのシステムのページです。 調査実施大学にはメーリングリストで使用方法について伝えてあります。

ALCS2018用 16大学それぞれの各設問での平均値に基づく箱ひげ図と自大学の平均値の重ね合わせグラフ

  ALCS学修行動比較調査2018年度実施の全設問についての16大学1、3学年別の平均値にもとづくその最大値、上位四分位値、中央値、下位四分位値、最小値から成る箱ひげ図と、そこへの自大学の平均値をオーバーラップさせた比較グラフを表示します。調査実施大学は、【ここをクリック】してください。

 ここで用いているスコアはつぎのセクション2017年度版の規定と同じです。



ALCS2017用 11大学それぞれの各設問での平均値に基づく箱ひげ図と自大学の平均値の重ね合わせグラフ

  ALCS学修行動比較調査2017年度実施の全設問についての11大学1、3学年別の平均値にもとづくその最大値、上位四分位値、中央値、下位四分位値、最小値から成る箱ひげ図と、そこへの自大学の平均値をオーバーラップさせた比較グラフを表示します。調査実施大学は、【ここをクリック】してください。

 なお、ここで用いているスコアはつぎのルールで規定しています。

【経験】項

かなりよくあった 3
よくあった 2
まあよくあった 1
あまりなかった  -1
ほとんどなかった  -2
まったくなかった  -3

【成長】項

とても増えた 3
増えた  2
やや増えた 1
変化なし 0
やや減った  -1
減った  -2
とても減った -3

【満足】項

十分に満足 3
満足  2
すこし満足 1
やや不満  -1
不満  -2
かなり不満  -3

【希望】項

強く望んでいる 3
望んでいる  2
いくぶん望んでいる 1
あまり望んでいない  -1
望んでいない  -2
まったく望んでいない  -3



■ ALCS2016用 5大学平均値、標準偏差と自大学の学年別全設問平均値、標準偏差比較グラフ

  ALCS学修行動比較調査2016年度実施の全設問についての5大学1、3学年別の平均値と標準偏差幅について、自大学との直接比較を見てとれるグラフを表示します。調査実施大学はメーリングリストでお伝えしたものを用意したうえで、【ここをクリック】してください。このアナライザーはALCS学修行動比較調査2016の結果フォーマットに依拠して動作します。任意のデータを投入しても適切には動作しませんのでご注意ください。

 なお、ここで用いているスコアはつぎのルールで規定しています。

【経験】項

かなりよくあった 3
よくあった 2
まあよくあった 1
ときどきあった  0.5(この選択肢は2017年調査から「あまりなかった」スコア-1に変更します)
ほとんどなかった  -2
まったくなかった  -3

【成長】項

とても増えた 3
増えた  2
やや増えた 1
変化なし 0
やや減った  -1
減った  -2
とても減った -3

【満足】項

十分に満足 3
満足  2
すこし満足 1
やや不満  -1
不満  -2
かなり不満  -3

【希望】項

強く望んでいる 3
望んでいる  2
いくぶん望んでいる 1
あまり望んでいない  -1
望んでいない  -2
まったく望んでいない  -3

【時間】項

日当たりで単位は分に統一。週あたりで回答した場合は週5日として一日あたりに換算。



ver. 6.1 : 2019 comparative IR commons : alagin activities desk@cmpir.org